肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

肌の黒ずみを皮膚科で治療!?

肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

皮膚科での治療方法

  • 塗り薬
  • 飲み薬
  • ケミカルピーリング(保険適用外)
  • レーザー(保険適用外)
  • フォトフェイシャル(保険適用外)
  • イオン導入(保険適用外)

 

肌の黒ずみを皮膚科で治療するといっても、治療方法はさまざまです。

 

中には保険が適用されないので費用が高額になるものもあります。

 

肌の黒ずみは皮膚科で治療した方が良いのか、手段としてはありなのか、予算と照らし合わせて考えてみましょう。

 

皮膚科での肌の黒ずみ治療法

塗り薬

肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

出典http://nadeshiko-hifuka.com/index.php?%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%B3

 

「ハイドロキノン」「トレチノイン」などをぬり治療する方法です。「ハイドロキノン」はメラニンの生成を抑制する効果があります。しかし、5%以上配合になると肝斑が発生するリスクもあります。「トレチノイン」は角質を剥がす効果があります。

 

どちらも予算は5,000円〜4万円です。

 

皮膚科で処方してもらうより、ハイドロキノン配合の化粧品を使って方が安くすみます。

 

  • メリット :塗るだけだから簡単
  • デメリット:肌が荒れる可能性がある

 

 

飲み薬

肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

http://biyou-hifuka-jp.com/aacl/supplement.html

 

ビタミンCの飲み薬は角質層に残っているメラニンの排出を促してくれます。

 

ビタミンCには、メラニン抑制、抗酸化作用、新陳代謝促進、肌をなめらかにする作用、皮脂分泌のコントロール作用、などの効果があるため肌のトラブルや美白には適した成分です。

 

皮膚科で1ヶ月分で3,000円程で処方されます。

 

  • メリット :?飲むだけだから簡単
  • デメリット:効果に時間がかかる

 

 

ケミカルピーリング

肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

出典:http://www.femmy-c.com/lp2/nikibi

フルーツ酸の科学の力で古い角質・角栓・老廃物を溶かして肌を生まれ変わらせます。ターンオーバーも促進されるので肌の美白ができます。

 

皮膚科で5,000円〜8,000円の治療がかかりますが、市販の石鹸では、500円〜2,000円ほどで入手できます。

 

  • メリット :シワ・シミ・たるみ改善
  • デメリット:肌の乾燥・紫外線に弱くなる、赤み炎症の可能性あり

 

レーザー治療

肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

http://www.325-mizutani.jp/laser/

レーザー治療は、即効性が高いです。肌の黒ずみが気になる部分にピンポイントで照射することで美白します。

 

レーザーの種類によって美白する仕組みはさまざまです。ニキビ跡などデコボコ肌を治療するために、肌の表面を軽く削る方法や、シミやアザなどを目立たなくさせるために、老人性のシミや肝斑?に照射する方法などがあります。

 

1回の治療で3,000〜6,000円ですが、複数回通わないといけないので費用は高くなります。

 

  • メリット :即効性がある
  • デメリット:痛みがある、、複数回通う必要がある

 

フォトフェイシャル

肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

http://www.drmano.co.jp/care/facial.html

光を当てて肌の黒ずみを美白する治療法です。コラーゲンの生成を促進させて、ターンオーバー促進させる効果があります。

 

治療費は1万円〜と高額です。また複数回通わないと効果出てこない場合があります。

 

  • メリット :美白、たるみ・くすみ・肌をキメを整える
  • デメリット:値段が高い、痛みがある、複数回通う必要がある

 

イオン導入

肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

http://nikibinoblog.net/dermatology/ion/

電流を肌に流すことで、ビタミンを肌の奥に浸透させる治療法です。

 

治療には3,000〜6,000円前後かかります。

 

  • メリット :即効性がある
  • デメリット:分子量が大きい成分は無理、複数回通う必要がある、

 

 

まとめ

肌の黒ずみの皮膚科の治療法6種紹介!【1番簡単安い治療はコレ!】

  • 塗り薬 5,000円〜4万円
  • 飲み薬 3,000円程
  • ケミカルピーリング 5,000円〜8,000円
  • レーザー 3,000〜6,000円(複数回)
  • フォトフェイシャル 1万円〜(複数回)
  • イオン導入 3,000〜6,000円(複数回)

 

皮膚科だと飲み薬が一番安く済みそうですが、即効性はさなそうです。

 

どの治療法も高額になりがちですので、「とにかく安く肌を美白したい」という方は市販で販売されているピーリング石鹸で肌を美白するのが良いかもしれません。

 

ピーリング石鹸の場合は、肌の汚れによる肌の黒ずみに効果的ですが、メラニンの色素沈着による黒ずみの改善は難しいです。

 

ターンオーバーを促進させて、根本改善する必要があります。

 

肌を黒ずみを改善させるためにも肌の内部と外部のケアをしましょう!

 

 

肌の黒ずみにはアットベリーがオススメです。

 

1日あたり100円ほどしかかからないので、皮膚科と比べて費用が安く済みます。

 

アットベリー公式サイトを見てみる⇒ http://www.at-berry.jp/
アットベリーの公式サイト

アットベリーは豪華特典がいっぱい!

【アットベリーは豪華8特典付き!】

通常価格:6,800円 + 650円(送料)

定期価格:5,440円 20%OFF!

定期初回:2,980円 45%OFF!

肌の黒ずみ,皮膚科,治療

毎月500名限定特典
  • 特典@:初回限定:2,980円 45%OFF!4,470円もお得!
  • 特典A:送料・手数料無料
  • 特典B:継続すると最大40%OFF
  • 特典C:2度目以降は周期変更可能
  • 特典D:180日間返金保証
  • 特典E:悩み相談の窓口あり!
  • 特典F:『フルーツの雫ピール石鹸』をプレゼント(奇数回に同封)
  • 特典G:プラス1品の毎月プレゼント
  • 1日あたり99円スタート!


↓アットベリー公式サイトを見てみる↓

http://www.at-berry.jp/


あなたにオススメの記事


アットベリーのオリジナルマンガ


アットベリーの購入記事


アットベリーの口コミ(トップページ)


ワキや二の腕の肌トラブルに薬用アットベリー