アットベリーの使い方を調査!効果を爆発的に引き上げる方法とは!?

アットベリーの使い方を学ぼう!

 

アットベリーの使い方を調査!効果を爆発的に引き上げる方法とは!?

 

アットベリーは気になる箇所にぬるだけの簡単ケアです♪

 

アットベリーの使用タイミング、使う量、塗り方等の正しい使い方を知り、

 

アットベリーの効果を最大限に引き出しましょう!

 

 

アットベリーの効果を最大限に引き出す3ステップ

アットベリーの使い方を調査!効果を爆発的に引き上げる方法とは!?

 

カタログにも記載してあります。まずは公式が推奨する使い方をしっかりと学びましょう。

 

基本を疎かにしては、効果を最大限に引き出すことができません。

 

使用方法をしっかり守って浸透を実感しましょう!

 

ステップ1:入浴時に汚れをしっかりと落とす

アットベリーの使い方を調査!効果を爆発的に引き上げる方法とは!?

 

洗う箇所は人それぞれですが、ワキ、ひじ、ひざ、二の腕、お尻、Vライン、顔、目元、等の

 

黒ずみがきになる箇所の汚れをしっかりとおとしましょう

 

そうすることで、ジェルを塗る際に浸透しやすくなります。

 

洗う時は定期ケアコースについている「フルーツの雫ピール石鹸」がオススメです。

 

洗った後は、十分に洗い流しましょう。

 

ステップ2:気になる箇所に優し酢塗り込む

アットベリーの使い方を調査!効果を爆発的に引き上げる方法とは!?

 

1円玉大ほどのアットベリージェルを手に取って、気になる箇所に優しくぬりこみましょう。

 

口、目、VIOゾーン、を塗る際は粘膜の部分を避けて塗るようにしてください。

 

どこでも使用できるため、気になる箇所全てに塗り込みましょう。

 

ステップ3:体温を利用してジェルを浸透させる

アットベリーの使い方を調査!効果を爆発的に引き上げる方法とは!?

 

ジェルを塗り込みました、体温を利用してジェルを浸透させてください、

 

手を大きな弧を描くように、優しく撫でて伸ばすように塗ると、温まり浸透しやすくなります。

 

さらに、保湿で肌のバリアを作るために、2度塗りをすることをオススメします。

 

湯上り肌に浸透用に1度、保湿用にもう1度塗りましょう。

 

こうすることで潤いを逃がしません。

 

1日にステップ1〜3の塗り方で、朝晩2回使用しましょう!

 

 

まとめ

アットベリーの使い方を調査!効果を爆発的に引き上げる方法とは!?

  • 入浴時に汚れをしっかりと落とす
  • 気になる箇所に優し酢塗り込む
  • 体温を利用してジェルを浸透させる
  • 1日朝と晩の2回使う(保湿力を高めるには2度塗りがオススメ)

 

使い方自体は簡単!1円玉大ののアットベリーを手に取って気になる箇所に塗るだけ!

 

1円玉大を守らないと効果がでないことがありました!(ケチってたら治った二の腕のぷつぷつが再発…実体験です…!)

 

黒ずみが気になる箇所で、大きく弧を描いて温めて浸透させましょう。

 

浸透用に1度塗り、保湿用にもう1度重ね塗りをすると、肌のガードが保湿により強まります。

 

オススメ使用方法は1日朝晩の2回(それぞれ2度塗り)です!

 

公式サイトの方でも使い方は詳しく記載されています。

 

公式ページ ⇒ ページを少し下に下がると記載

 

アットベリー公式サイトを見てみる⇒ http://www.at-berry.jp/
アットベリーの公式サイト

あなたにオススメの記事


アットベリーは豪華特典がいっぱい!

【アットベリーは豪華7大特典付き!】

定期価格:5,440円 20%OFF!2,010円もお得!

アットベリーの使い方を調査!効果を爆発的に引き上げる方法とは!?

  • 特典@:初回限定:2,980円 45%OFF!4,470円もお得!(毎月先着500名限定!)
  • 特典A:送料・手数料無料
  • 特典B:継続すると最大40%OFF
  • 特典C:2度目以降は周期変更可能
  • 特典D:180日返金保証(これができるのは公式ショップだけ!)
  • 特典E:コンシェルジュサポート付き
  • 特典F:『フルーツの雫ピール石鹸』をプレゼント(奇数回に同封)
  • 特典G:シークレット【購入した人しか分からない情報】
入手方法はトップページで書いてます!

アットベリー公式サイトを見てみる⇒ http://www.at-berry.jp/


アットベリーのオリジナルマンガ


アットベリーの購入記事



>>>アットベリーの口コミ&特典情報!(トップページへ戻る)<<<


ワキや二の腕などの肌トラブルには!【薬用アットベリー】